チョコとビールのおいしいベルギーに住んでウン十年。
ガンバをかついで旅することの多い日々。
I'm sorry, it's only in japanese...

ある人のエッセーを読んでいたら、

日本のエルミタージュ美術展に行った話が書いてあった。

そこでわたしも思い出したのである。

本場、サント・ペテルスブールに行ったときのことを。

 

フランスのル・ポエム・アルモニクというグループの

ロシアツアーの最中であった。

フランス人というのは概して文化好きである。

フランス大使館の人たちは、どの国に行っても、

自国から来た音楽家などに

その国の文化をたっぷり紹介する時間を作ってくれる。

サント・ペテルスブールでは、開館前の2時間、

私たちのためにガイド付きで特別に

エルミタージュ美術館に入場させてくれたのである。

 

だれもいない美術館に

わたしたちメンバー10人ちょっとだったか。

すごい分厚いメガネの、フランス語ぺらぺらロシア人ガイド、

国際的ザ・オバサンが張り切っている。

こっちだぞ、と。

 

まず、普段の私ならパスするギリシャ時代のコインのコーナーに

案内された。入り口の横である。

そこで懇切丁寧な迫力ある説明を聞き、30分も経った頃に

やっと次の時計ジュエリーコーナーへ。

そこに陳列されている美しい時計に関する説明を

延々と聞いている時に、

わたしはメンバーみんなの顔を見た。

 

みんな牛乳瓶の底レンズの奥にある目と、

つばを飛ばしながら親切に説明している

ザ・オバサンをじっと見て、うんうんとうなずきながら聞いている。

わたしは、日光の東照宮でのお坊さんの説明に飽きてしまい、

人の話しを聞かないやつ、と注意されたほどの強者であるから、

ギリシャのコインの時点でほとほと飽きていた。

 

このグループのメンバーはみんな人がよく、礼儀正しい。

飽きたなんて、おくびにも出している人はいない。

しかし、わたしは思った。

こんなに熱心にこのザ・オバサンの顔を見ていたら、

エルミタージュの美術品を見る時間がないではないか、と。

この人の顔しか覚えていないだろう、と。

 

それで、みんなの輪から抜け出し、

美しい時計を見るように努めた。

やっと時計の部屋が終わった時には、

すでに1時間経過!

 

あと1時間しか残っておらず、

しかし、ガイドさんはこれから甲冑の部屋に行こうとする。

わたしは、とにかくここからは自由行動で、

かっとんで歩かなければ、何も見ないで終わる、と焦った。

さすがに礼儀正しい仲間たちも同意見だったので、

無事自由行動させてもらえることになった途端、

みんな駆け足でいなくなった。

 

ベルギーから来てブリューゲルなどを見るのも

なんだと思ったが、

せっかくなのでその時代を中心に見ることにして

走った。

しかし、やっとその部屋を見つけたが、

照明と窓からの日光で、

絵がよく見えないのである。

角度を変えても、見ている自分たちが写っていて、

邪魔くさい。

舞台の照明などをやる人が、

美術館の照明はまだまだこれから変えていかないと、

と言っていたことが頭をよぎる。

 

あー、カーテンを閉めてくれ、

などと思っているうちに、

時間切れ。

走って出口を探した。

みんなは、それなりに何々を見た、と言っている。

このひと時に感謝しているようだ。

 

わたしは、惜しい!と思っていた。

ここに自分でわざわざ来ることは

そうはないと思われたし。

そして、あんなに記憶に残すまいとして努力した

分厚いメガネ顔を

もちろんいつでも鮮明に思い出せる。

あと、一枚目のギリシャのコインと。


 

0
    | | comments(0) | - |

    さて、先に静かに寝ているクレールを起こさないように、

    そろそろと隣のふとんに入った私は、

    いつも通りに寝る前の深呼吸をしていた。

    スーッと吸った息がぎくっと止まったのは、

    寝室の横の廊下でやけに大きく

    ミシッという音がしたからだ。

    隣の家からとか、屋根からの音と言うには

    あまりに近くて大きい。

    わたしの目は漫画のように、顔から飛び出るようだった。

     

    いやいや、何も怖いことはないと思って

    閉じない目を無理矢理閉じたが、

    こんどはトイレに行きたくなって来た。

    怖くなんかないでしょう、と自分に言い聞かせて

    寝室の横にあるトイレに行くため、

    廊下に出る引き戸を開けようとふとんから出た。

    出るなら出てこい!(え?OBK?)

    しかし立て付けが悪いのか、

    昼間は開いた引き戸が、硬くて全く開かないではないか。

     

    無理にガタガタしたらクレールが起きちゃう、

    と自分に理由をつけて開けるのを断念し、

    階下のトイレに行った。

    戻って来てふとんに入るが

    やけに寒くてすぐにトイレに行きたくなる。

    階下のトイレーふとんートイレーふとん

    を何度か繰り返し、目の上にある<まぶた>だけ閉じて寝た。

    (ちなみに、下に行く方の引き戸はするすると開くのだ)

     

    以前フランスの古いお屋敷に泊まった時に

    仲間のガンバ奏者ふたりとわたしは、

    家に着いた途端になんだか怖くて

    一睡もできない、トイレにも行けない、ということがあった。

    フランス人の二人は、

    怖いけどおばけは信じないと言っていたので、

    今回もクレールには言わなかった。

    寝られてるんだから、いいでしょ。

     

    トイレとふとんの往復の後に朝が来て、

    またその一日が終わりかけた夕方、

    夕べの寝不足のせいで眠くなってしまい、

    夜じゃないから大丈夫かな?と思って

    ウトウトしに2階に行き、ふとんにごろんとした。

    晩ご飯に出かけるまで、ちょっと寝ちゃいますよー、

    と目を閉じた途端に、大きくゴトっと音がした。

    またもや廊下である。

    無視して寝続けるか?と思ったが、

    眠気がふっ飛んでしまったので、

    下に行ってクレールに、下の廊下を歩いた?と聞いた。

    そしたらクレールが、かおりが上の廊下を歩いたと思った、

    と言う。

    そこで、フランス人なのにすぐに、

    あっ!という顔になったクレールに夕べの話をし、

    でもよく寝られたんでしょ?

    と聞くと、実はそうでもないと言う。

    OBKって、信じるの?と聞いたら、

    Ouiと。

    信じても信じなくても怖いなら、

    信じた方がマシなのかどうかは定かではないが、

    ふたりでふとんを運んで下の階に寝ることにした。

     

    下の部屋は、なぜか上の部屋とは全然違う空気で、

    あったかく静かに寝られた。

     

    フランス人を京都に連れて行くのに、

    古い民家って最高!と思っていたが、

    今後は新しい部屋を借りよう、と

    心に誓ったのである。

    この家のオーナーへの感想を個人的に書いて送る時に、

    2階の物音が怖かったことも書いてしまったので、

    塩か何かでお払いしてくれたら、

    また是非行きたいほどいいお家だったが、どうなさったかな。

    イギリス人やスコットランド人だったら、

    楽しめるかもしれないですね。

     

     

     

    0
      | 仲間たち | comments(0) | - |

      昨年の10月、

      毎年恒例である上野メモリアルホールに

      わたしのフランス人の友人であるソプラノ歌手

      クレール・ルフィリアートルを招いた。

      フランスのバロックカンタータのプログラムだった。

       

      (この時の歌がすばらしかったので、

      2020年の北とぴあでのオペラの主役で

      彼女は再来日することになった!)

       

      そのメモリアルホールの公演のあとに、

      これまた恒例になっている

      京都・四国ツアーに、クレールと一緒に行った。

      こちらは主にガンバ協会の方達がわたしを招いて下さる企画で、

      最初は「ガンバの音だけ聞きたいので、一人で来て下さい」

      というありがたーいお誘いだった。

      そのコンサートの後の打ち上げの席で、

      松山の近くの内子に和蠟燭を使う舞台があり、

      そこで是非聞いてみたい、と言われたので、

      フランスでろうそくだけ灯すコンサートを一緒に経験して来た

      クレールのことをすぐに思いつき、

      ふたりで来ます、という運びになったのだ。

       

      クラヴサンやリュートなど和音楽器なしで

      歌の伴奏をするのは初めてであったので、

      一年前からあれこれと準備した。

       

      前置きが長くなったが、

      そんな成り行きでクレールと共に

      多くのガンバ愛好家が待つ地へと

      旅が始まった。

       

      彼女とは、20年来の仲間で、

      いつでもいろいろな体験を共有して来た。

      わたしが、不在がちの夫との子育てで大変な時期、

      わたしの気持ちに共感した彼女が、

      舞台に上がる階段手前ですってんと転び、

      腕の骨を折ったこともあった。

      また彼女が大変な時期には何時間も話したり励ましたりと、

      会う度に話が終わらない友人だ。

      外人、という気がしない。

       

      そんな彼女は人情家で、

      問題を抱えた外国人の面倒を見たりして、

      旅の間中、リハーサルではできなかった近況報告話に花が咲いた。

      コンサートの始まる前はいつも一緒に

      Music for a while (ひとときの音楽)にあるように、

      音楽が人を癒すことに思いを馳せた。

      二人だけのコンサートというのは

      なかなか親密でいいものだった。

       

      わたしたちは京都では昔ながらの家を借りて

      1週間ほどレクチャーコンサートなどの合間に

      観光もした。

      京都らしい民家で、クレールだけではなく、

      わたしにも嬉しいたたずまいで、オーナーも素敵な女性だった。

       

      一緒の部屋に寝ても疲れない間柄だが、

      なんとなく初日は下と上の階に分かれて寝た。

      クレールは時差ぼけでしばらく寝られなかったので、

      先に上の階に行ったからだ。翌朝、よく眠れたーと言っていた。

      わたしも下にふとんを運んで普通に寝られたが、

      次の日は正規の寝室である上の階で、

      一緒に並んで寝ることにした。

       

      つづく。。。

       

       

      0
        | 仲間たち | comments(0) | - |

        チェンバロ奏者でありオルガニストであるロベール・コーネン氏は、

        ユーモアの固まりのような人だった。

        いつでも何か面白おかしく話していた。

        リハーサルの最中や食事中はもちろんだが、

        忘れられないのは、

        日本に帰国する生徒を空港に送って行ったときのことである。

        規定の重量をはるかにオーバーしたその生徒のスーツケースを

        チェックインする時、厳しい顔の係の女性と話をしたのだが、

        独特の話術を繰り広げ、

        会話の最後には、ふたりで大きく笑い声をたてて意気投合しており、

        超過料金無しで荷物を預けてしまったのにはびっくりした。

         

        その昔、ラ・プティット・バンドの録音で、当時ソロを歌っていた

        ルネ・ヤコブスの真似をしてロベール自ら高い声で歌い、

        番外編のレコードを作ってしまったこともあった。

         

        また、肝の据わった方でもあったと思う。

        若い時に、必須であった軍隊での訓練期間中、

        夜の出動訓練で門を出て、教官に全員右へ!と言われたのに、

        ひとりで暗闇にまぎれて左に行き、

        ビールを飲みにバーへ行ってしまい、

        みんなと同じ頃にひょっこり帰った話など、してくれた。

         

        また、チェンバロやガンバの試験の審査をしたとき、

        時間にルーズなひとりの審査員が30分遅れて来た。

        そしたら、その後2度とその人とは会う約束もしないし、

        審査員も断ってしまった。

         

        そのロベールは、外国から来る留学生のお世話を

        とことんして下さった。

        右も左もわからない生徒たちが、奥様のフランソワーズとロベールに

        どれだけお世話になっただろう。

        だれもベルギーに足を向けて寝るなよ、ってな感じである。

        ひとりひとりが、ロベールにして頂いたいろいろな思い出を

        たくさん持っていると思う。

         

        そんな彼の身体の具合が悪いと言うので

        お見舞いに伺った。

        ニッポン代表、参りました!

        と言いながら部屋に入ると、

        ロベールは静かに座っていらっしゃったが、

        またもや面白い昔話をいくつもして下さった。

        癌の治療のせいで、食べても味がわからないんだよね、

        とおっしゃったので、

        ワインの美味しさや飲み方をロベールに教えて頂いたわたしは、

        ちょっと悲しかったけれど、

        心の中で、人生の終わって行き方をあなたに教わっていますよ、

        とひとりごちた。

        咳をしていたので、お医者さまがいらして、

        わたしは、また来るね!と言って帰った。

        その日の午後から意識不明となり、二日後に天に召されたそうだ。

         

        ロベールと勉強した日本人の全員の話をした。

        みんなそれぞれの場で、それぞれの活躍をしていると話し、

        うんうんとうなずいておられた。

        わたしの家族や楽器のことも、気にかけて下さった。

        その数日前には、フランスから親しくしているお弟子さんが来、

        チェンバロの行き先を請け負ってくれた。

         

        そうやって、満足して逝かれたのかな、と思う。

        ご家族から、とても穏やかに逝きました、

        とご報告を頂いた。

         

        ロベール、ありがとうございました!

         

         

         

         

         

         

        0
          | 音楽家 | comments(0) | - |

          小さい頃から

          寝れば治る!と言われて育って来た。

          その通り、おかげさまで薬も飲まず、病院にも行かずに

          今まで安泰に暮らしている。

           

          留学したての頃に初めてスペインに行った時、

          あまりに喉が渇いてホテルの水道の水をがぶ飲みしたら、

          帰りの寝台車の中から猛烈な腹痛になり、

          へろへろになってブリュッセルにたどり着き、

          そこから2週間、飲まず食わずで寝ていて、治った。

          生牡蠣にあたった時も、2日間寝ていた。

          乳飲み子だった娘は、一滴乳を飲み、

          ブッと吐き出し、そのままあきらめてわたしと一緒に寝ていた。

          (牡蠣にあたったとは思っていなかった)

          まあ、健康に生んでもらったし、ラッキーだったと思う。

           

          留学したての頃からずっと貧乏学生だったので、

          絶対に病気になってはけないし、虫歯にもなってはいけない、

          という確固たる意志のもとに、すこぶる丈夫に生きて来た。

           

          ベルギーでは妊娠すると、

          産婦人科の個人の医師宅に行くことが多いので、

          病院には行かなかったし、

          出産したときも、24時間で家に戻って来た。

          と言う訳で、わたしは病院と病気が苦手である。

          軽い重い関係なく、誰かのお見舞いに行くと、

          実は自分が明日にでも死ぬような気分になり、

          帰って来ると、病気になったような気分で昼寝するか、

          もりもりの肉を食べて復活するかである。

           

          そのくせ、病人を励ますのは得意なのではないかと思う。

          去年、はとこが闘病していた時は、

          せっせと彼女のもとに通って、絶対治ると信じて励ましていた。

          そして、病に負けない彼女に、惜しみない賞賛を送った。

           

          そんなわたしに、自分が病気になったらどうする!と

          何年かに一度、不安が湧いて来る。

          特に、飲んべえの家系から来るわたしは、

          肝臓はだいじょうぶか?と不安になり、

          数年前に、肝臓がコリコリ硬いんです、と医者に行ったら、

          これは筋肉ですよ、と言われた。

           

          最近、子どももいるんだから、お母さんは健康をチェックしないとね、

          と言われて、また肝臓が不安になり、

          もうがんで死ぬかもしれないと思い、

          さあ、明日は絶対に血液検査に行くと決めた晩に、

          夫に、おいおい泣きながら、

          「人は、どんなに前向きに生きていても、健康な食品を食べてても、

          癌になるときはなるんだよー、

          癌じゃなくても、癌になったらどうしよう、っていう心持ちも

          だめなんだよー」

          とすがった。

           

          そして近所の医者に行ったら、

          何語でも専門用語で病状は分かるが、

          優しい言葉でこんなふう、と説明するフランス語はできない、

          という、その名も長いドクター、

          アル・ハモウド・アル・イブラヒム氏が診察してくれた。

          (うちの近所はアラブ人とアフリカ人が多く、豚肉が買えない地域であり、

          お医者さんもその需要に応えている)

          ドクターはアラブなまりで「ウー、ダイジョブ、ダイジョブ」と

          血液検査もしてくれた。

          その結果、どの数値も安心!と太鼓判を押してくれたが、

          せっかくなので乳がんの検査もしたいと言ったら、

          すぐに隣の区域であるモーレンベークの

          (ここもアラブ人地区。テロリストが潜伏していて

          一躍世界的に有名になった地区だ)

          レントゲンとエコグラフィー専門医を紹介され、

          行って来た。

          頭に被りものをしている女性ばかりの場所で、

          普通の家っぽい診療所なので、

          病院の苦手なわたしには、居やすい場所だった。

           

          そして、肝臓もオッパイも健康。

          丈夫なわたしの身体さん、ありがとう。

          そしてご先祖さまや両親に感謝してステップも軽く家に帰ると、

          もう死ぬよー、とおいおい泣いてたねーと

          夫にからかわれた。

           

           

           

           

          0
            | ベルギー | comments(0) | - |
            i1.gif CALENDAR
            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            << February 2020 >>

            f2.gif SELECTED ENTRIES
            f4.gif CATEGORIES
            f2.gif ARCHIVES
            f3.gif RECENT COMMENT
            i1.gif Special Thanks
              絵:よこたみのる
            
            f2.gif PROFILE
            f2.gif LINKS
            f4.gif モバイル
            qrcode