チョコとビールのおいしいベルギーに住んでウン十年。
ガンバをかついで旅することの多い日々。
I'm sorry, it's only in japanese...

わたしが留学して一年経った夏に、

ヴィーラントがブルージュのコンクールで審査員をやると言うので、

遊びに行った。

そこで前年にチェンバロコンクールで一位を取った

クリストフ・ルセに出会った。

その年はガンバ奏者であるナネケというオランダ人の伴奏で来ていたのだ。

ヴィーラントがふたりに紹介してくれて、

その場でわたしもナネケの伴奏を弾いてみることになった。

結局、いきなりコンクールで知らない同士が弾くのは無理と、

ナネケの伴奏はしなかったが、

クリストフが「パリ見物に来るなら、うちに泊めてあげるよ」

と言ったのを真に受けて、本当にパリに遊びに行った。

 

当時のクリストフのアパートはフランソワ・クープランが

オルガニストをしていた教会のすぐ裏で、

「18世紀には、あそこからカツラをかぶった

クープランが出て来たんだよ!」

と嬉しそうに言っていた。

 

泊めてくれると言ったのは本当で、

まさに寝る場所は提供してくれたが、

わたしに付き合うことは全くなく、

方向音痴のわたしは、どこへ行くにも毎日

二等辺三角形の長い両辺をわざわざ歩いているようであったので、

へとへとだった。

 

そんなある日、一緒に一度弾いてみましょう、

という時間を持った。

バッハやフォルクレを弾いたと思うが、

コンクールで一等賞の輝かしい略歴を持つ、

わたしと同い年の彼はわたしに言った。

「君は、音楽を理解していないね」

 

そこでわたしは「なるほど」と思い、

マラン・マレを片っ端から勉強しようと

夏休み終わってすぐのヴィーラントのレッスンに

まずは一曲持って行った。

そして、「わたしは、音楽を理解していないそうなので、

一から教えて下さい!」と言った。

すると彼はわたしに、

最初の出だしのフレーズはどこまで?と聞いた。

それは考えるまでもなく一目瞭然、ここでしょ、

というフレーズだったので、そう答えると、

「ほら、かおりは音楽をちゃんと理解してるじゃない?」

と言い、それだけだった。

なんだか拍子抜けしたような、安心したような気持ちになったが、

それでもその後片っ端からマレを持って行った。

 

しかしその縁あってか、

日本でコンサートをしようという企画を始める時に

クリストフに電話してみたら

行く!ということになり

東京バロックトリオの立ち上げとなったのであるから、

不思議なものである。

そして、今でも時々彼と一緒に演奏すると、

若い時にたくさん弾いて体得したアンサンブルの歩調が感じられ、

大事な縁だったな、と思う訳である。

 

 

 

0
    | プロフィール | comments(0) | - |

    ある日、師ヴィーラントのお知り合いの家で

    生徒たちのプチ・コンサートがあった。

    試験の前に弾かせて下さる、という訳だ。

     

    わたしはその試験は弾かなかったのか、

    聴く側に回っていた。

    そうしたらヴィーラントがわたしに一緒に司会をやってくれない?

    と言うのだ。

    「知っての通り、僕は人前で話すのは恥ずかしいので、

    僕がマラン、と言うから、かおりはマレ、と言うとか」と。

    この漫才のぼけと突っ込みのような発想は何なのか?

     

    結局そんな漫才はしなかったが、実際ヴィーラントはシャイな人である。

    コンサートの後に、主催者などとあいさつしている時は

    背筋も伸びて〈巨匠〉の趣だが、

    数分であっという間に自分の弟子たちの方に戻って来て

    内輪受けのジョークなど言ってお酒を飲んでいる。

    そして、一番最後まで帰れないタイプだ。

     

    よこたみのる絵_0010.jpg

     

    また、ケーテンでの第一回ガンバコンクールの時のことである。

    主賓の審査員として招かれていた彼は、

    チェンバロの伴奏でソロのコンサートもする予定であった。

    しかし、なぜかチェンバロを運べない、ということで

    わたしに、デュエットのコンサートをするからおいでよ、

    とお呼びがかかった。

    コンクールも聞けるしラッキー、などと思ったわたしは

    自分では受ける度胸はなかったが、

    巨匠と一緒に弾くなら気楽だと、遠路はるばる出かけて行った。

     

    コンサートもコンクールも終わった時に、巨匠が胸の内を語ったところ、

    「こんなガンバ奏者ばかりのところで、

    無伴奏を弾くことを想像してごらんよ、くわばらくわばら」

     

    いざ弾けば素晴らしい演奏をするのに、

    意外なことであった。

     

    そんなシャイな彼は、人知れず生徒を大事にしていた。

    ある生徒は、最終試験間際にお父さんが亡くなり、

    卒業までいられないかもしれないという状況にあった。

    金銭的にも精神的にも、それどころではなかった。

    そんな中、ヴィーラントはその生徒に、

    試験は受けなくてもいいから、一緒にガンバを弾きにおいで

    とわざわざ電話をかけてくれ、

    家に招いてくれたのだ。

    それでヴィーラントの家に行ってガンバを弾いているうちに

    試験を受けてガンバを続ける勇気が出て来たそうだ。

     

    そんな逸話をたくさん持っている

    シャイで優しいヴィーラントの声を聞いていると、

    わたしなどは肩こりも治るほどである。

    0
      | プロフィール | comments(0) | - |

      わたしは、レッスンを受ける時、

      皿洗いのスポンジのようであった。

      水を全部吸収するように、師ヴィーラントの言うことを吸収したかった。

      または、まっさらなキャンバスであった。

      真っ白なキャンバスに、これから色をのせて行くんだ、と。

      日本人またはアジア人的な学びの姿勢であったと思う。

       

      その日は、両親がユダヤ系ハンガリー人で、

      フランス育ちのジェローム君が、

      そのとき住んでいたローマから久し振りにレッスンにやって来た。

      ジェロームが弾く。

      ヴィーラントがお手本を見せようと、弾きだす。

      ジェロームは聞かずに弾き続ける。

      ヴィーラントも弾き続ける。

      とうとう曲の最後まで二人で一緒に弾き続けた。

      わたしは、あきれた。

      どっちか、弾くのを止めるでしょ?普通、と。

       

      その後、ふたりは大人同士のような会話をしてレッスンを終わった。

      わざわざローマから何をしにきたんだ?と思った。

       

      このように、すでにキャンバスにデコデコに絵を描いて

      レッスンに来る生徒はたくさんいるが、

      これはすごいなと思った。

       

       

      この数年後に

      この二人とジェロームの弟でチェンバロ奏者のピエールくんと

      4人で東欧のツアーに行った。

      ちょうどボスニア戦争の終わった頃だったか、

      まだ東欧は貧しい国が多く、

      国境は移動する人たちの列が延々と続いていた。

      そこに混じって移動するわたしたちの車の座席にもクッションがなかった。

      鉄丸出しと言うのか。

       

      さて、ヨーロッパでは、男女の控え室が一緒である。

      わたしは紅一点だったし、先生も一緒だったので、

      大抵トイレに行って着替えていた。

      しかし、ルビアナだったかザグレブだったかのラジオ局で、

      トイレに行ってみると、トイレの便器から噴水のように

      水が2メートルぐらい吹き出ていて、

      とても着替えるどころではない。

      仕方なく、控え室に戻って来て、

      ニッポン女子のワタクシが編み出した、

      下着を見せずに着替える方法で必死に着替えていたら、

      親切なジェロームがわたしの周りをブンブンと回って、

      手伝おうか?と何度も聞いてくれる。

      しかし、<脱ぎながら同時に着る>に健闘中のわたしは、

      ふがふが、と答えていた。

      その時、ヴィーラントが、

      「手伝うっていうのを一番やって欲しくないんだと思うよ」

      と言って下さり、

      やっと静かに着替え終えることができた。

       

      このように外国で鍛えられる中、

      ヴィーラントはしばしば、日本的な振る舞いの人であった。

      時々、フラマン人の女の子といると、

      やまとなでしこって、こういう感じだろうなと思う。

      しかし「日本人とフラマン人て、何か奥ゆかしい共通点があるのかな」

      と言うと、

      わたしの父はオランダ人である、などとへそ曲がりなことを言うのが、

      ヴィーラントであった。

      (お母さんがフラマン人)

       

      そのツアーからの帰りに、スイスの航空会社のセスナ機に乗った。

      アルプスの山合いをすれすれに飛ぶ航路で、

      眺めが素晴らしかったし、乗客が私達4人だけであった。

      その時の食事に出て来たナイフをこっそりもらったら、

      ヴィーラントが自分の分も持たせてくれた。

      さすがスイス、持ち手のところが本物の銀であった。

       

      写真は一枚も撮らないツアーだったが、

      今もその銀のナイフを毎日朝食の時に使っているので、

      こんなエピソードを覚えているのである。

       

       

       

       

      0
        | プロフィール | comments(0) | - |
        i1.gif CALENDAR
        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        f2.gif SELECTED ENTRIES
        f4.gif CATEGORIES
        f2.gif ARCHIVES
        f3.gif RECENT COMMENT
        i1.gif Special Thanks
          絵:よこたみのる
        
        f2.gif PROFILE
        f2.gif LINKS
        f4.gif モバイル
        qrcode