チョコとビールのおいしいベルギーに住んでウン十年。
ガンバをかついで旅することの多い日々。
I'm sorry, it's only in japanese...

小さい頃から

寝れば治る!と言われて育って来た。

その通り、おかげさまで薬も飲まず、病院にも行かずに

今まで安泰に暮らしている。

 

留学したての頃に初めてスペインに行った時、

あまりに喉が渇いてホテルの水道の水をがぶ飲みしたら、

帰りの寝台車の中から猛烈な腹痛になり、

へろへろになってブリュッセルにたどり着き、

そこから2週間、飲まず食わずで寝ていて、治った。

生牡蠣にあたった時も、2日間寝ていた。

乳飲み子だった娘は、一滴乳を飲み、

ブッと吐き出し、そのままあきらめてわたしと一緒に寝ていた。

(牡蠣にあたったとは思っていなかった)

まあ、健康に生んでもらったし、ラッキーだったと思う。

 

留学したての頃からずっと貧乏学生だったので、

絶対に病気になってはけないし、虫歯にもなってはいけない、

という確固たる意志のもとに、すこぶる丈夫に生きて来た。

 

ベルギーでは妊娠すると、

産婦人科の個人の医師宅に行くことが多いので、

病院には行かなかったし、

出産したときも、24時間で家に戻って来た。

と言う訳で、わたしは病院と病気が苦手である。

軽い重い関係なく、誰かのお見舞いに行くと、

実は自分が明日にでも死ぬような気分になり、

帰って来ると、病気になったような気分で昼寝するか、

もりもりの肉を食べて復活するかである。

 

そのくせ、病人を励ますのは得意なのではないかと思う。

去年、はとこが闘病していた時は、

せっせと彼女のもとに通って、絶対治ると信じて励ましていた。

そして、病に負けない彼女に、惜しみない賞賛を送った。

 

そんなわたしに、自分が病気になったらどうする!と

何年かに一度、不安が湧いて来る。

特に、飲んべえの家系から来るわたしは、

肝臓はだいじょうぶか?と不安になり、

数年前に、肝臓がコリコリ硬いんです、と医者に行ったら、

これは筋肉ですよ、と言われた。

 

最近、子どももいるんだから、お母さんは健康をチェックしないとね、

と言われて、また肝臓が不安になり、

もうがんで死ぬかもしれないと思い、

さあ、明日は絶対に血液検査に行くと決めた晩に、

夫に、おいおい泣きながら、

「人は、どんなに前向きに生きていても、健康な食品を食べてても、

癌になるときはなるんだよー、

癌じゃなくても、癌になったらどうしよう、っていう心持ちも

だめなんだよー」

とすがった。

 

そして近所の医者に行ったら、

何語でも専門用語で病状は分かるが、

優しい言葉でこんなふう、と説明するフランス語はできない、

という、その名も長いドクター、

アル・ハモウド・アル・イブラヒム氏が診察してくれた。

(うちの近所はアラブ人とアフリカ人が多く、豚肉が買えない地域であり、

お医者さんもその需要に応えている)

ドクターはアラブなまりで「ウー、ダイジョブ、ダイジョブ」と

血液検査もしてくれた。

その結果、どの数値も安心!と太鼓判を押してくれたが、

せっかくなので乳がんの検査もしたいと言ったら、

すぐに隣の区域であるモーレンベークの

(ここもアラブ人地区。テロリストが潜伏していて

一躍世界的に有名になった地区だ)

レントゲンとエコグラフィー専門医を紹介され、

行って来た。

頭に被りものをしている女性ばかりの場所で、

普通の家っぽい診療所なので、

病院の苦手なわたしには、居やすい場所だった。

 

そして、肝臓もオッパイも健康。

丈夫なわたしの身体さん、ありがとう。

そしてご先祖さまや両親に感謝してステップも軽く家に帰ると、

もう死ぬよー、とおいおい泣いてたねーと

夫にからかわれた。

 

 

 

 

0
    | ベルギー | comments(0) | - |

    のんびりした8月を過ごしました。

    あの夏が永遠に続きそうだったのに。

    小学校の頃に夏休みの絵日記を一枚も書かずにいるうちに

    31日が来ちゃった、というような31日を迎えました。

    でも、そこは宿題のない大人ですので、

    珍しく晴れた日の多かったベルギーの夏の記念として

    家族で海に行きました。

     

    8月31日というのは、仲間内ではガンバの日と呼んでいます。

    まず、バロック時代のイギリスを代表するパーセルが

    ガンバのファンタジーを最後に作曲したのが、

    1680年8月31日。

     

    ガンバの巨匠ヴィーラント・クイケンの誕生日も31日。

    イタリア人のガンバ製作家と結婚した日本人のガンバ奏者も、

    この日が誕生日。

     

    ベルギー人でみんなに愛されていたガンバ奏者、ソフィー・ワティヨンが早世したのもこの日です。

    フランス人のガンバ制作者ピエール・ジャキエもこの日に亡くなりました。

    ガンバを題材にした映画<めぐりあう朝>のシナリオに関わった人も、この日に亡くなったとか。。。

     

    どうです?

    ある歌手に、その日外出るの怖くない?と聞かれたほどです。

     

    しかし31日の<めぐりあう朝>、

    そんなことは忘れて海に出かけました。

    遠浅で冷たい水の、久々の海でした。

     

     

    9月になったら、急に時計が回り出して、

    不思議な国のアリスに出て来るうさぎのような生活が

    戻って来ました。

     

    でも時間は本当は一定じゃなく、伸び縮みすると聞いてから、

    少し時間に束縛されないようになって来ました。

    なんて言って、単に子どもたちが夏の間に

    ぐーんと大きくなったからかな?

     

    1
    | ベルギー | comments(0) | - |
    ツマである昭和のアイドル山口百恵さんを褒めた、
    オット三浦友和さん曰く、
    彼女は毎日子ども達のためにお弁当を作った、と。
     
    ワタシも作ってます!
    超手抜きながら娘が3才の時から
    今では息子と二人分作って、
    この道13年。

     
    この苦労のお弁当を!
    なぜか最近息子が手を付けずに持ち帰り。。。
     
    最初から、のりの巻いてあるおにぎりは、
    学校の友だちに、
    「おまえ、うんこ食ってる」
    と言われて以来厳禁でしたが、
    超シンプルなサンドイッチまで食べてこないと、
    さすがに頭に来る。
    時間切れだった、とかお腹すいてなかったとか言ったって
    なんで食べないんだ!とわたしはプンプン。

    そこでお弁当を作らない余裕のオットが
    しみじみふたりっきりで話を聞いてみたら、
    のりはともかく、最近はお肉も
    それはHALALなのか?と聞かれたと。

     
    学校のほとんどの生徒がアラブ人の息子の学校では、
    アラブの祭日になると、 ほとんど生徒が学校に来ません。
    もちろん彼らは豚肉を食べませんし、
    羊や鶏肉も、特別な方法でさばいた肉しか食べません。
    それが、ハラルの肉ということです。
    普通にハムはさんだサンドイッチでも、
    豚ですしね、うちは。


    それで、息子は来年度からは給食にしたいと。

    ベルギーでは、昼食は給食、お弁当、家に帰って食べる、

    というふうに、3つの選択ができます。
    うちは、乳製品の多い食事が苦手なのでお弁当でしたが、
    ついに給食にするか?
    息子と仲良しのロシア人やエクアドール人は給食だし。

     
    ある日、担任の先生と話す機会があり、
    お弁当の話をしました。
    そしたらすぐに、
    クラスの意見箱に、
    その話を入れたらいいと。
    どこまでが人に意見されることなのか、
    しっかり自分の線を引いて、
    ここから先は何も言われる筋合いではないということを、
    きちんと言えた方がいいと。


    その話を息子と一緒にして、
    ふたりでなるほどーと思いました。
     
    イスラム教の子ども達にとっても、
    他の宗教や文化を持つ人達の習慣や自分たちとの違いを知ることは
    すごくいいことだ!とわかったんです。
     

    急に晴れ晴れとした顔になった息子は、
    もう意見箱に手紙を入れて話し合わなくても、
    のりのおにぎりを持って行くと言いながら、
    ちゃんと意見箱に食べ物の話を書いて入れて、
    クラスで話し合ったそうです。

     
    遠慮や気遣いをするニッポンの正しい子どもであると同時に、
    自分の立場をはっきり説明できて、
    みんなとわかりあっていくという
    インターナショナルな未来を担う若者として、
    息子たちはこんなふうに学び、
    同時に私自身にとってもいい経験でした。

     
    まずはコミュニケーションですね。
     
    今では、わざわざ別に包んだのりを持って行き、
    いろんな子がくれくれ、と人気です。


    貴重なのりだけど、
    けちけちしないで持って行かせるか。


     

     
    1
    | ベルギー | comments(2) | - |
    i1.gif CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    f2.gif SELECTED ENTRIES
    f4.gif CATEGORIES
    f2.gif ARCHIVES
    f3.gif RECENT COMMENT
    i1.gif Special Thanks
      絵:よこたみのる
    
    f2.gif PROFILE
    f2.gif LINKS
    f4.gif モバイル
    qrcode