チョコとビールのおいしいベルギーに住んでウン十年。
ガンバをかついで旅することの多い日々。
I'm sorry, it's only in japanese...
<< 語源から その4 | main | 哀しい長調 >>

先日息子の宿題で、

「あなたにとって生きるとはどんなことですか?」

というお題作文がありましたとさ。(小6!)

 

「生きる、生きる、生きる」

と一緒に考えていたら、

生きるとは息をしていること、

と思い当たった。

 

息子には、

そんなのは当たり前すぎるー!

と採用されなかったけれど、

自分ではなかなかすごい発見だった。

 

それは、ダライ・ラマも

エックハルト・トールも

今という時に生きていることを証明するのは

呼吸だけである、

呼吸を意識することで、

宇宙のエネルギーと毎瞬一体であることが自覚できる、

と言っているけれど、

言葉そのものに

もう現れていることにびっくりした。

 

 

さて、そんな息を生きている間には、

病にかかることもある。

その病の果てに友人がこんな域に達しました。

 

「所謂病気は、陰(影)であり、それに対比して、必ず陽(光)がある。

病気は決して悪い物でもなく、戦う相手でもなく、この体験を通して、

俺たちが何に気付くのかが大切。

それが愛であったり、感謝であったり、

またその気づきを通して、何を志すのかを見つめ、

それに生命を使う事が魂が本当に 喜ぶ事になる。

俺たちはその体験をする為に、肉体を持ってこの世に生まれてきた。」

 

 

 

尊い域なので、ここに拝借します。

 

 

 

 

 

 

1
| | comments(1) | - |
コメント
2週間前にインフルエンザBに罹患しました。辛い日々でしたが、ウイルスと薬が戦っていると実感できませんでした。
何か、脳がどっかの器官をコントロールしている感じ。フィンガリングでちょっと音程が合っていないから小指伸ばせよ、と言っている感じ。
お医者さんに再訪し話したら、リレンザを吸入するとウイルス菌は殺菌されるので、損傷個所の癒しを腎臓が脳を通じて指示してると言っていました。
よくよく見ると、内科の前に脳神経内科って書いてありました。
直しているのは呼吸器。息を吸うことは大変なんだ!と思っています。
| 林 正 | 2018/02/26 4:38 PM |
コメントする









i1.gif CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

f2.gif SELECTED ENTRIES
f4.gif CATEGORIES
f2.gif ARCHIVES
f3.gif RECENT COMMENT
i1.gif Special Thanks
  絵:よこたみのる
f2.gif PROFILE
f2.gif LINKS
f4.gif モバイル
qrcode