チョコとビールのおいしいベルギーに住んでウン十年。
ガンバをかついで旅することの多い日々。
I'm sorry, it's only in japanese...
<< わたしがガンバを始めたわけ。その2 | main | わたしがガンバを始めたわけ。その3 >>

巨匠レオンハルトは、一生のうちに一度しかマタイ受難曲は振らない、

と決めていらっしゃったが、

その一回の後数年して、

オランダバッハ協会のために再度指揮して下さった。

その記念すべき演奏会を聞きに行くべく、

わたしはブリュッセルからオランダのハーレムという街に急いだ。

 

ついでにと言っては何だが、

夫(寺神戸亮)がコンサートマスターをするので、

晩ご飯を待ち合わせて食べようと。

わたしたちは、リハーサルが終わると、

インド料理屋に行った。

オケの他のメンバーたちは、オランダ人らしく皆お弁当持参である。

それで、外に食べに行ったのは、わたしたちだけであった。

 

さあ、食べ終わって本番まであと30分という

ちょうどいい時間に店を出ると、コンサート会場である教会に戻った。

すると、ドアが全部閉まっており、中から音が聞こえて来るではないか。

関係者が、もう始まっているので入れない、と言う。

ええ!ぼくは、弾くはずなんです、と夫はうろたえるし、

わたしもなんで始まってしまったのか、わけがわからない。

なんと、のんきなオットは、開始時間を1時間間違っていたのだ。

どうりで休憩時間が短くて、みんなお弁当だったのだ。

 

裏の入り口からようやく入れてもらった夫は、

前半が終わるまで控え室でじーっと待つ羽目になった。

まあ、自業自得である。

 

コンサートマスターが戻ってこないので、

オケのメンバーたちが泡食ったのは想像に難くない。

だれが後半のソロのアリアを弾くのか!

というのが一番のポイントだったそうだ。

結局、一番若いヴァイオリニストがやってもいい、と言って、

みんな胸を撫で下ろした。

しかし前半終わって控え室に戻ったら夫が待っていたので、

やれやれとその経緯をお互いに話したと言う訳だ。

 

後半自分の席に座っている夫を見つけたレオンハルトは、

にっこり微笑んで、何事もなかったかのように後半が始まった。

わたしともう一人、日本からわざわざそのコンサートを聞きにいらした方は、

前半を聞き逃した。

コンサートが終わって、夫が別の控え室にいたレオンハルトのもとに

お詫びに伺うと、微笑んだまま静かに

「映画はおもしろかった?」

とおっしゃった。

 

いくらなんでも、夫もこのエピソードは忘れられないらしい。

わたしは、一応仲良しのミネケのガンバソロを聞いてあげられたので、

案外満足であった。

 

さて、前に書いた時には見つけられなかった写真が出て来たので、

ここに載せます。

 

レオンハルト宅でのクイケン・クインテットのリハーサル風景。

暗めの部屋で、よく楽譜が見えたことだ。

 

 

翌日の朝食風景。

 

 

玄関前で。

奥にいらっしゃるのは、ご夫妻のお友だち。

 

 

Vicenzaでリハーサル中。

 

 

庭で思索中の巨匠。

写真など撮っては申し訳ない、と気が引けて、遠目である。

 

 

 

 

 

 

 

0
    | 音楽家 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    i1.gif CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    f2.gif SELECTED ENTRIES
    f4.gif CATEGORIES
    f2.gif ARCHIVES
    f3.gif RECENT COMMENT
    i1.gif Special Thanks
      絵:よこたみのる
    
    f2.gif PROFILE
    f2.gif LINKS
    f4.gif モバイル
    qrcode