チョコとビールのおいしいベルギーに住んでウン十年。
ガンバをかついで旅することの多い日々。
I'm sorry, it's only in japanese...
<< わたしのベルギー留学記 その2 | main | わたしのベルギー留学記 その4 >>

ある日、師ヴィーラントのお知り合いの家で

生徒たちのプチ・コンサートがあった。

試験の前に弾かせて下さる、という訳だ。

 

わたしはその試験は弾かなかったのか、

聴く側に回っていた。

そうしたらヴィーラントがわたしに一緒に司会をやってくれない?

と言うのだ。

「知っての通り、僕は人前で話すのは恥ずかしいので、

僕がマラン、と言うから、かおりはマレ、と言うとか」と。

この漫才のぼけと突っ込みのような発想は何なのか?

 

結局そんな漫才はしなかったが、実際ヴィーラントはシャイな人である。

コンサートの後に、主催者などとあいさつしている時は

背筋も伸びて〈巨匠〉の趣だが、

数分であっという間に自分の弟子たちの方に戻って来て

内輪受けのジョークなど言ってお酒を飲んでいる。

そして、一番最後まで帰れないタイプだ。

 

よこたみのる絵_0010.jpg

 

また、ケーテンでの第一回ガンバコンクールの時のことである。

主賓の審査員として招かれていた彼は、

チェンバロの伴奏でソロのコンサートもする予定であった。

しかし、なぜかチェンバロを運べない、ということで

わたしに、デュエットのコンサートをするからおいでよ、

とお呼びがかかった。

コンクールも聞けるしラッキー、などと思ったわたしは

自分では受ける度胸はなかったが、

巨匠と一緒に弾くなら気楽だと、遠路はるばる出かけて行った。

 

コンサートもコンクールも終わった時に、巨匠が胸の内を語ったところ、

「こんなガンバ奏者ばかりのところで、

無伴奏を弾くことを想像してごらんよ、くわばらくわばら」

 

いざ弾けば素晴らしい演奏をするのに、

意外なことであった。

 

そんなシャイな彼は、人知れず生徒を大事にしていた。

ある生徒は、最終試験間際にお父さんが亡くなり、

卒業までいられないかもしれないという状況にあった。

金銭的にも精神的にも、それどころではなかった。

そんな中、ヴィーラントはその生徒に、

試験は受けなくてもいいから、一緒にガンバを弾きにおいで

とわざわざ電話をかけてくれ、

家に招いてくれたのだ。

それでヴィーラントの家に行ってガンバを弾いているうちに

試験を受けてガンバを続ける勇気が出て来たそうだ。

 

そんな逸話をたくさん持っている

シャイで優しいヴィーラントの声を聞いていると、

わたしなどは肩こりも治るほどである。

0
    | プロフィール | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    i1.gif CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    f2.gif SELECTED ENTRIES
    f4.gif CATEGORIES
    f2.gif ARCHIVES
    f3.gif RECENT COMMENT
    i1.gif Special Thanks
      絵:よこたみのる
    
    f2.gif PROFILE
    f2.gif LINKS
    f4.gif モバイル
    qrcode