チョコとビールのおいしいベルギーに住んでウン十年。
ガンバをかついで旅することの多い日々。
I'm sorry, it's only in japanese...
<< わたしのベルギー留学記 その4 | main |

留学前に自分の演奏を録音したテープを

ヴィーラント師匠に送った。

そしたら筆無精で有名なヴィーラントから

フランス語で返事が来た。

フランス語の勉強を始めたばかりのわたしは

緊張しながら一字一句を辞書で調べて拝読した。

そこに、

「Je crois que vous pouvez entrer」

と書いてあった。

このcrois(原形はcroire)を辞書で調べたら、

「(神などを)信じる」とあった。

わたしは、ヴィーラントが神を信じるように、

「あなたが入学できることを信じる」とおっしゃっているのだから、

鼻血が出そうなほど「すごい!」と思った。

母に興奮して、「信じてるって!」と報告したほどである。

 

ベルギーに来て少ししたら、このcroisが、

多分、わかんないけどー、のような時に誰でもよく使う、

ただの「思うよ」だとわかり、

てへへ、と思った。

 

 

それをこの前なぜか思い出して夫に話したら、

夫もバロックヴァイオリンで留学する前に録音テープを送って

シギスヴァルト氏に返事をもらったそうだ。

その英語の返事に、

「I'm looking forward to working with you」とあり、

まだ勉強もしていないのに、もう一緒に働こうって言われちゃったよ!

と興奮し、

お母さんに「一緒に仕事するのを楽しみにしてるって!」と報告したそうだ。

今となれば、フランス語でも英語でも、働くという単語を

レッスンや家で練習すると言う時に、自分たちも使っているのだが。

 

それにしても、ドキドキの留学前にした、

ちょっとしょってる、幸せな勘違いだった。

そして、出会う前からもう似ていたのかねー、と

「割れ鍋にとじ蓋」の自分たちを大いに笑った。

 

 

 

0
    | プロフィール | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    i1.gif CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    f2.gif SELECTED ENTRIES
    f4.gif CATEGORIES
    f2.gif ARCHIVES
    f3.gif RECENT COMMENT
    i1.gif Special Thanks
      絵:よこたみのる
    
    f2.gif PROFILE
    f2.gif LINKS
    f4.gif モバイル
    qrcode